春のカゼ対策

今日の東京は20度を超える暖かさですが
明日は10度ちょっとしか上がらないそうです。

春風が北風になると一気に気温が下がり、
南風になると一気に気温が上昇します。
この時期の気温差で風邪を引かない対策をお教えします。

まず一つ目は、ストール等で首を覆います。

東洋医学では邪まな(悪い)風が首から体に入ると
カゼ(風邪)になると言われています。

ですので、ストールを使ってカゼから身を守りましょう。
首を温めると、それだけで暖かくなる効果もあります。

もう一つは貼るカイロ(ミニサイズ)を持ち歩くことです。
寒くなったら、お腹に貼るだけで大分暖かくなります。

最後は、腹巻を持ち歩くことです。
筒状になっているので、トイレで簡単に脱ぎ着することができます。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-13 | Category : blog, セルフセラピー | | Comments Closed

飲み過ぎ・二日酔い対策のツボ

3月4月は異動のシーズン。
歓送迎会でお酒を飲む機会が多くなるかと思います。
二日酔い対策と言えば、飲む前に牛乳を飲む、先に何かを食べておく
お酒の量を制限する、などがあります。
今回はベトナムの民間療法ディエンチャンより、二日酔いに有効なツボをご紹介します。

 


耳の中にあるこのツボをギューっと押します。
指よりも綿棒を使うと押しやすいです。

ちなみに私はお酒が飲めないのでツボの効果が解りません。
(注射のアルコールで腕が真っ赤になるレベルなので)
実践された方の報告をお待ちしております(^^)

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-12 | Category : blog, セルフセラピー, ディエンチャン | | Comments Closed

自分でできる花粉症対策その3

ディエンチャンとは、ベトナム発祥の民間療法で
顔の反射区を利用して体の機能の回復や健康維持に役立てるものです。

ディエンチャンの良いところは、鏡を見ながら自分で施術することができることです。
また、服も脱がず場所も選ばず、家族や友人同士で行うことが出来るのもディエンチャンの魅力です。
施術時間も2~3分で効果もすぐ表れます。

ディエンチャンの理論はシンプルだけどとても奥深いものです。
今回は導入編と言う事で簡単に。

 

これが、ディエンチャンの顔の反射区です。
花粉症の場合は肺、胃、大腸のあたりをマッサージします。

 

 

 

赤○のポイントを押していきます。
反射区やポイントを専用の道具で刺激していきますが、指や綿棒を使っても大丈夫です。
個人的にフリクションの消しゴム部分が押しやすかったです。

 

 

 

体の免疫向上を図る6リンパマッサージ。1つを10往復くらいしていきます。
陽のエネルギーを物凄く上げるので若い人や
マッサージをやり過ぎると口内炎やニキビが出来てしまう事があるので
ご自身の体調に合わせてやってみてください。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-02 | Category : blog, セルフセラピー, 花粉症 | | Comments Closed

自分でできる花粉症対策 その2

2013年の花粉症対策 漢方医学編(序章)

 

中医学(漢方)では、花粉症の症状は水滞(水毒)という体質のせいで起こると言われています。

水毒とは食べ過ぎ・飲み過ぎで胃腸の働きが低下する事で、体に余分な水分が溜まっている状態の事です。
むくみ、倦怠感、くしゃみ、鼻水、痰、喘息などの症状が出てきます。

日本は湿度が高いので、水毒体質の人はかなり多いです。
お腹がタポタポしたり、湿度が高い日(特に雨の降る直前)に具合が悪くなる人はこの体質です。

 

体質改善で花粉症の症状を和らげる方法

疲れた胃を休ませて、機能を向上させる事から始めます。

・味の濃いものを控える

・甘い物を口にしない(甘みは土を乱れさせるから)

・腹8分目を心掛ける

・休日にプチ断食をする

・運動(ウォーキングのような有酸素運動)をする

などを心掛けるといいでしょう。

 

 

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-02-25 | Category : blog, セルフセラピー, 花粉症 | | Comments Closed

自分でできる花粉症対策 その1

2013年の花粉症対策 洋服編

2013年の花粉の量は去年の4~5倍、例年の2倍強と言われています。
2013年日本全国花粉飛散予測(花粉症ナビ)

まだ花粉症になっていない人も今年は十分に対策をしましょう。

花粉症対策のポイントは

・花粉を浴びない。

・花粉が体に付いたらすぐ取り除く

・花粉を家に持ち込まない

この3つです。これをやらないで薬をもらったり、サプリやお茶を飲んでも効果は上がりません。
外出した時に注意する事をまとめてみました。

 

花粉に有効なマスクとは

一度使ったマスクは花粉が付いてしまうので、使い捨ての不織布(サージカル)マスクにしましょう。
花粉のサイズは大きいので、安いマスクで十分です。

 

花粉症用のメガネを着用する

花粉の侵入を防ぎ、目のかゆみや充血を抑えることができます。
コンタクトの人も外出時は付けておくのがいいでしょう。

隙間がないゴーグルタイプが一番いいのですが、見た目がごつくてちょっと嫌…
という方は、おしゃれな花粉症対策メガネもあります。

JINS 花粉Cut

 

花粉対策加工のコートを着用する

花粉が付きにくく、落ちやすい加工をしたコートが売られています。
例)楽天市場 花粉加工コート(メンズ)

花粉を室内に入れない為に、コートは玄関にかけておきましょう。

 

花粉対策加工の帽子をかぶる

髪についた花粉が顔に付くとアレルギーが出やすくなります。
コートと同じく花粉が付着しない加工をした、全周にツバのついた帽子がいいのですが、仕事で被れない場合は、玄関に入る前に手で花粉を払い落とすといいでしょう。

 

その他の対策

・外に洗濯物は干さない。

・室内干しや乾燥機を使用する。

・窓を開けて換気をしない。

・空気清浄機を利用する。 などがあります。

 

結構大変ですが、これだけでもアレルギー反応が起きにくくなります。
次回は花粉症対策のツボ、反射区を紹介します。

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-02-24 | Category : blog, セルフセラピー, 花粉症 | | Comments Closed