風疹大流行について

東京都内で風疹が大流行していることから、東京都はワクチンの接種費用の補助を始めました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130314/k10013192391000.html

対象者は出産を希望する女性やその夫。自治体によって違っているそうです。

特に気をつけてほしいのが、1979年4月~1987年10月生まれの人
この方たちは風疹ワクチンを受けていない「空白世代」なのです。

風疹の予防接種は最初は女子中学生のみが対象で、学校での集団接種。

1979年度の児童から男女ともに対象者になったけれど、学校での集団接種ではなく
病院にわざわざ行かなければならなかった。
行くのが面倒+予防接種は強制ではなかった=接種率が著しく悪い。

その後1歳でのワクチン接種に移行


と、法律の隙間に挟まってしまった世代なのです。
この世代が今、34~26歳と出産適齢期に入っています。

風疹自体は物凄く怖い病気ではありません。
怖いのは妊娠初期に風疹に罹ることで赤ちゃんに障害が出る『先天性風疹症候群』です。

妊娠月別の発生頻度は、妊娠1カ月で50%以上、2カ月で35%
3カ月で18%、4カ月で8%程度であるとされています。

症状は先天性心疾患、難聴、白内障が主で
その他、網膜症、肝脾腫、血小板減少、糖尿病、発育遅滞
精神発達遅滞、小眼球など多岐にわたります。

子供を作りたいと思ったら、男性も風疹抗体の検査を必ずやってください。
夫→妻→胎児へとウイルスが感染し、お子さんが障害を持たれたケースもあります。

予防接種を受けられる病院は東京都ですと、東京都医療機関案内サービス“ひまわり”のHPから
上記項目で探す→予防接種でさがす から検索する事が出来ます。

女性は風疹以外にも妊娠前に検査しておくべき項目がいくつもあります。
次回はそれについて少しお話したいと思います。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-15 | Category : blog, 日記 | | Comments Closed

春のカゼ対策

今日の東京は20度を超える暖かさですが
明日は10度ちょっとしか上がらないそうです。

春風が北風になると一気に気温が下がり、
南風になると一気に気温が上昇します。
この時期の気温差で風邪を引かない対策をお教えします。

まず一つ目は、ストール等で首を覆います。

東洋医学では邪まな(悪い)風が首から体に入ると
カゼ(風邪)になると言われています。

ですので、ストールを使ってカゼから身を守りましょう。
首を温めると、それだけで暖かくなる効果もあります。

もう一つは貼るカイロ(ミニサイズ)を持ち歩くことです。
寒くなったら、お腹に貼るだけで大分暖かくなります。

最後は、腹巻を持ち歩くことです。
筒状になっているので、トイレで簡単に脱ぎ着することができます。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-13 | Category : blog, セルフセラピー | | Comments Closed

飲み過ぎ・二日酔い対策のツボ

3月4月は異動のシーズン。
歓送迎会でお酒を飲む機会が多くなるかと思います。
二日酔い対策と言えば、飲む前に牛乳を飲む、先に何かを食べておく
お酒の量を制限する、などがあります。
今回はベトナムの民間療法ディエンチャンより、二日酔いに有効なツボをご紹介します。

 


耳の中にあるこのツボをギューっと押します。
指よりも綿棒を使うと押しやすいです。

ちなみに私はお酒が飲めないのでツボの効果が解りません。
(注射のアルコールで腕が真っ赤になるレベルなので)
実践された方の報告をお待ちしております(^^)

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-12 | Category : blog, セルフセラピー, ディエンチャン | | Comments Closed

自分でできる花粉症対策その3

ディエンチャンとは、ベトナム発祥の民間療法で
顔の反射区を利用して体の機能の回復や健康維持に役立てるものです。

ディエンチャンの良いところは、鏡を見ながら自分で施術することができることです。
また、服も脱がず場所も選ばず、家族や友人同士で行うことが出来るのもディエンチャンの魅力です。
施術時間も2~3分で効果もすぐ表れます。

ディエンチャンの理論はシンプルだけどとても奥深いものです。
今回は導入編と言う事で簡単に。

 

これが、ディエンチャンの顔の反射区です。
花粉症の場合は肺、胃、大腸のあたりをマッサージします。

 

 

 

赤○のポイントを押していきます。
反射区やポイントを専用の道具で刺激していきますが、指や綿棒を使っても大丈夫です。
個人的にフリクションの消しゴム部分が押しやすかったです。

 

 

 

体の免疫向上を図る6リンパマッサージ。1つを10往復くらいしていきます。
陽のエネルギーを物凄く上げるので若い人や
マッサージをやり過ぎると口内炎やニキビが出来てしまう事があるので
ご自身の体調に合わせてやってみてください。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-02 | Category : blog, セルフセラピー, 花粉症 | | Comments Closed