Home > blog, セルフセラピー, 花粉症 > 自分でできる花粉症対策その3

自分でできる花粉症対策その3

ディエンチャンとは、ベトナム発祥の民間療法で
顔の反射区を利用して体の機能の回復や健康維持に役立てるものです。

ディエンチャンの良いところは、鏡を見ながら自分で施術することができることです。
また、服も脱がず場所も選ばず、家族や友人同士で行うことが出来るのもディエンチャンの魅力です。
施術時間も2~3分で効果もすぐ表れます。

ディエンチャンの理論はシンプルだけどとても奥深いものです。
今回は導入編と言う事で簡単に。

 

これが、ディエンチャンの顔の反射区です。
花粉症の場合は肺、胃、大腸のあたりをマッサージします。

 

 

 

赤○のポイントを押していきます。
反射区やポイントを専用の道具で刺激していきますが、指や綿棒を使っても大丈夫です。
個人的にフリクションの消しゴム部分が押しやすかったです。

 

 

 

体の免疫向上を図る6リンパマッサージ。1つを10往復くらいしていきます。
陽のエネルギーを物凄く上げるので若い人や
マッサージをやり過ぎると口内炎やニキビが出来てしまう事があるので
ご自身の体調に合わせてやってみてください。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013-03-02 | Category : blog, セルフセラピー, 花粉症 | | Comments Closed
関連記事